ブログ内検索

※当ブログは記事内にプロモーションが含む場合があります。

生態や特徴をわかりやすく解説

外洋のサメ「ヨゴレ」は人食いザメ?危険性は?太平洋戦争末期の世界最悪のサメ事故についても解説

2021年3月3日

ヨゴレ(Carcharhinus longimanus)はハイタッチしたくなるような大きな胸ビレが自慢のサメです。
ブリモドキと賑やかに泳いでいる姿が印象的ですよね。
その一方、ヨゴレは危険性の高い人食いザメとして有名なホホジロザメイタチザメオオメジロザメよりも怖い最悪の人食いサメという意見も・・・!
このブログでは、広大な大海原を飛行しているかのようなヨゴレの特徴などを解説します。

シャークアクティビストReinoのサメチャンネル

外洋性のサメのヨゴレとは

一番危険な人食いザメと恐れられているヨゴレはどんなサメ

まず、ヨゴレの基本情報を紹介します。

外洋性の鮫ヨゴレの基本情報

ヨゴレ(学名:Carcharhinus longimanus 英語名:Oceanic whitetip shark)は、メジロザメ目(Carcharhiniformes)メジロザメ科(Carcharhinidae)メジロザメ属(Carcharhinus)のサメです。
ネット検索では「ヨゴレザメ」として出てきますが、標準和名はヨゴレです。

標準和名
ヨゴレ(汚)
別名
ヨゴレザメ(汚鮫)
英語名
Oceanic whitetip shark
学名
Carcharhinus longimanus
分類
メジロザメ目(Carcharhiniformes)メジロザメ科(Carcharhinidae)メジロザメ属(Carcharhinus)
命名された年
1861年(Poey)
保全状況
絶滅危惧種:深刻な危機(CR / Critically Endangered)
ワシントン条約CITES
附属書Ⅱ(2013年)
最大全長
最大4m
危険度
シャークアタックの回数
15件のサメ事故(1580-2023年)
サメの攻撃が原因の死亡事故
3件のサメによる死亡事故(1580-2023年)
生息年代
4500万年前(Ref.6 p.21)
水族館で会える可能性
ペットとして飼育できる可能性

ヨゴレ(サメ)と人間との関わり

かつては外洋で多く見ることのできたヨゴレ(サメ)は1992年から2000年の間に大西洋北西部と大西洋中央部で70%も減少したと推定されています。
ヨゴレは大きなヒレ、肉、肝油などを目当てにサメ漁の対象となっていたためです。

ヨゴレは大規模漁業(マグロ類やメカジキを対象とする遠洋はえ縄漁業、まき網漁業)、カツオの刺網などによって世界中で捕獲されています。
漁獲のほとんどは、沖合と公海の遠洋漁業の混獲によるものです。
また、狭い大陸棚のある地域では、沿岸小規模漁業の延縄、刺し網、トロール網でも捕獲されています。
IUCNによると、遠洋漁業や国内漁業におけるヨゴレの漁獲量の過少申告が考えられています。

混獲による個体数の減少

現在、ヨゴレはワシントン条約で附属書Ⅱに掲載されているものの、マグロやメカジキなど他の種を狙った延縄の餌に引き寄せられてしまい混獲されることが多いようです。

延縄漁業では餌のついた針を400本~1,000本つないだ釣り糸約5~6キロメートルをしかけて魚を釣る。
延縄漁業とヨゴレ

出典:さまざまな漁法

ヨゴレは好奇心旺盛な性格が災いして、混獲率が高くなっているようです。

にゃぶり
にゃぶり
食いしん坊なんだね!

そうなんです。
ヨゴレは大好物のカツオを追いかけて捕獲されてしまうことも多いとか。

運良く逃れたヨゴレの口に釣り針がかかったままになってしまうことも。

保全状況

ヨゴレは絶滅危惧種?

ヨゴレは絶滅危惧種:深刻な危機(CR / Critically Endangered)と評価されています。

絶滅絶滅危惧種絶滅リスクは低い
1.絶滅(EX)2.野生絶滅(EW)3.深刻な危機(CR)4.危機(EN)5.危急(VU)6.準絶滅危惧(NT)7.低懸念(LC)
どこにもいない
ほぼ絶滅
かなりやばい
やばい
やばそう
そろそろやばい
今は心配なし
メガロドン -ヨゴレ、シロワニアカシュモクザメアオザメニタリレモンザメオオメジロザメホホジロザメクロヘリメジロザメイタチザメヨシキリザメネコザメ
 - -イリオモテヤマネコ、ラッコトキ、トラパンダトド -
 - - -ニホンウナギクロマグロ -ブリ

※この他に、データ不足で正しく評価できない情報不足種 (DD / Data Deficient)、まだ評価がされていない未評価種 (NE / Not Evaluated)というふたつのカテゴリーがあります。
※IUCNレッドリストでは、未評価種 (NE)、情報不足種 (DD)、低懸念(LC)、.準絶滅危惧(NT)、絶滅危惧種(危急、危機、深刻な危機)、野生絶滅(EW)、絶滅(EX)の9つのカテゴリに分類しています。
レッドリストについては『絶滅危惧種のサメの種類とは?IUCNレッドリストのまとめ【2021年10月版】』で解説しています。

IUCNレッドリストではヨゴレを絶滅危惧種:深刻な危機(CR / Critically Endangered)と評価しています。
深刻な危機とは絶滅危惧種の中でも最も危険な状況です。
2019年にヨゴレに対する漁獲圧力は2012年半分以下となり、資源量はわずかに回復しているものの、親魚量の水準は非常に低いままです。
漁獲圧力も依然として高い水準にあることから依然として乱獲状態、過剰漁獲の状態であることが推測されています。https://kokushi.fra.go.jp/R02/R02_45_OTH.pdf

絶滅危惧種のサメの種類とは?IUCNレッドリストのまとめ【2021年10月版】

ワシントン条約(CITES)

ワシントン条約(CITES)
附属書II(2013年)

ヨゴレは、2013年第16回ワシントン条約締約国会議(COP16)バンコク会議にて、ニシネズミザメ、アカシュモクザメ、シロシュモクザメ、ヒラシュモクザメと共に附属書IIに掲載されました。
日本はこの決定を留保しています。
また、2022年11月、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約)第19回締約国会議(CITESCoP19)にて、メジロザメ科のサメを附属書Ⅱに一括掲載することが提案され、採択されました。
今後はメジロザメ目メジロザメ科に属するサメのすべてがワシントン条約によって国際取引を規制されることになります。

ワシントン条約(CITES / サイテス)のリストに掲載されたサメ類と日本の対応について

危険性

危険度
シャークアタックの回数
15件のサメ事故(1580-2023年)
サメの攻撃が原因の死亡事故
3件のサメによる死亡事故(1580-2023年)

シャークアクティビストReinoのサメチャンネル

ヨゴレの生態

ここでは外洋性のサメ「ヨゴレ」の生態について解説します。

見た目の特徴(形態)

  1. 胸ビレが長い
  2. 顔はいわゆるメジロザメ顔
  3. 第一背びれが大きくて丸い
  4. ヒレの端が白い

ヨゴレの外見的特徴はなんといっても大きくて長い胸ビレです。
遊泳性のサメの胸ビレは巨大なものですが、ヨゴレの胸ビレの大きさはなんと全長の25%、その幅は全長の10%です。
つまり、最大全長の4mのヨゴレなら、胸ビレの大きさは1m、幅は40mということになります。
ヨゴレの体の色は、青銅色、褐色、灰青色で生まれた場所によって異なります。
大きな胸鰭は広範囲が白いのが特徴です。

分布域と生息域

分布域
熱帯および亜熱帯の海域(18°C〜28°C)に世界中に分布。
日本国内での分布域
日本のまぐろはえ縄漁業の海域(Ref.2)。四国、紀伊半島沖海域、沖縄トラフ周辺海域、薩南(種子島・屋久島から奄美大島)海域で混獲されるためヨゴレの日本近海においての生息海域であると考えられる。(Ref.3)
生息域
ほぼ外洋域
水深
表層から水深140mまでの沿岸、および外洋域0m〜230m。最大水深350m。

分布域

ヨゴレは、北緯30度から南緯35度の遠洋性の熱帯・亜熱帯海域の全海域の広い範囲に分布するサメのひとつです。
通常、外洋のはるか沖合に生息し、水深200mより浅い水深を好みます。
米国南部から大西洋西部のアルゼンチン、ポルトガルから南アフリカ、そして大西洋東部の地中海にまで及びます。
インド太平洋では、この種は東南アジアの紅海と東アフリカから中央太平洋(ハワイ、サモア、タヒチ、トゥアモトゥ諸島)から東太平洋にかけて見られ、南カリフォルニアから米国で見られます。

生息域

ヨゴレは基本的には外洋性のサメですが、沿岸域と外洋域の両方に生息しており、表層から水深20mまでの浅い生息域や20℃以上の水温を好むサメです。
太平洋の延縄捕獲データから、ヨゴレの生息数は陸地から離れるほど増加することがわかっています。
通常は水深0~152mあたりの表層を好みますが、水深1,082mまで報告されています(参照)。

Youtubeの動画などでもヨゴレは海表面近くをゆっくりとしたスピードで遊泳している姿が多く目撃されていますよね。

この動画は野生のヨゴレの姿がよくわかるところが面白いです。
海面すれすれで泳いでるときにもブリモドキたちと群れているんですね。

日本国内での分布域

ヨゴレの日本国内での分布域は日本の南方の外洋域です。
日本のまぐろはえ縄漁業で混獲されるので、マグロがいる海域、四国、紀伊半島沖海域、沖縄トラフ周辺海域、薩南(種子島・屋久島から奄美大島)あたりの外洋域が日本近海のヨゴレの生息海域であると考えられます。(Ref.2)
ヨゴレの数が減少傾向にあるので、今も日本の海域に生息しているのかどうかは気になるところです。

大きさ

大きさ
180〜200 cm、平均的な全長は2.7m
最大全長
最大4m
体重
〜167.4 kg

寿命

寿命
15歳。

※サメの年齢を推定するのは難しく、多くのサメが過小評価されている可能性があるので今後もっと長くなる可能性もあります。

最大寿命
22歳

ライフスタイル

泳ぐ速度
32.4キロ
性格
好奇心旺盛。しつこい。
1日の過ごし方
興奮すると猛スピードで泳ぐ。性別や年齢で行動パターンに変化。
好きな食べ物
カツオ、頭足類、海鳥、カメ類
海の仲間のお友達
ブリモドキ、コバンザメ、シイラ。コビレゴンドウの群れに混じって行動することもある。

好きな食べ物

ヨゴレが捕食するのは、硬骨魚類、頭足類、甲殻類、海鳥、ウミガメ、エイ、哺乳類(鯨類)の死骸などが含まれ、海に浮遊するゴミを口にすることもある食いしん坊なサメといわれていますが、この動画では船の上から差し出された死んだ魚には興味を示さないところが気になる点です。
ヨゴレが暮らす外洋は餌が乏しい環境であり、ヨゴレは餌を見つけると動きが活発になり狂乱索餌と呼ばれる状態になることもあるといいます。
イタチザメが個体のサイズで性格が変わるといわれているようにヨゴレも個体サイズと性格に関連性があるのでしょうか。

にゃぶり
にゃぶり
ヨゴレは謎が多いサメだよ!

性格

好奇心旺盛。
非常に執拗な性質。
堂々とゆったりした泳ぎにだまされやすいが、興奮すると一転して激しく泳ぎを加速してくる(Ref.1)

知能

ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校海洋保全化学研究所のデミアン・チャップマンによると、釣り船がエンジンを停止したときに船を調べればエサにありつけることをヨゴレが学習しているということをプレイバック実験で示しました(Ref.7 pp.140-141)

エンジンが停止する=これからそこで魚釣りがはじまる

つまり、ヨゴレはエンジンが停止する音を合図に「エサにありつけるぞ!」ということを学習しているんですね。

にゃぶり
にゃぶり
サメは耳がいいからね!

魚の感情・痛み・知能・意識・心理学について学びたい人におすすめの本

交友関係

サメのヨゴレと他の魚類の交友関係

大型魚、船、流木などに付いて泳ぐ習性から、パイロットフィッシュという英名をもつブリモドキと一緒に泳いでいる写真が印象的なヨゴレ。
コバンザメ、シイラ。コビレゴンドウの群れに混じって行動していることもあります。

また、ハワイの海域でコビレゴンドウ(クジラ類ハクジラ亜目マイルカ科に含まれる小型のクジラ)と一緒に泳ぐ姿が観察されています(1988年 Jeremy Stafford-Deitsch)が、ヨゴレが他の魚類と行動を共にする理由は不明です(Ref.4)

ヨゴレの写真や動画ではたいていブリモドキたちと群れています。

繁殖

繁殖方法
胎生
妊娠期間
10〜12ヶ月
出産数
1〜14匹
幼魚の大きさ
57〜77cm
繁殖サイクル
2年ごとの可能性が高い
成熟年齢
4〜7歳(地域差がある)
成熟サイズ
オス:1.7〜1.9m、メス:1.8〜2.0m

ヨゴレの繁殖は胎生で胎盤型です。
妊娠期間は人間と同じくらいで10~12カ月、出産数は1〜14匹と少なく、繁殖サイクルは2年ごとの可能性が高いため、個体数増加率は非常に低く乱獲にとても弱いサメです。

ヨゴレは人食いザメなの?人間への危険性は?

ヨゴレは危険で凶暴な人食いザメなの?

沿岸性のサメではホホジロザメ・イタチザメ・オオメジロザメが人間にとって危険性の高い人食いザメですが、外洋性のサメではヨゴレは最も危険なサメのひとつです。
大型のヨゴレは人間にとって危険性が高いサメなので、海中で遭遇した場合は細心の注意を払って行動する必要があります。
また、海洋学者のジャック=イヴ・クストーは、ヨゴレについて「あらゆるサメの中で最も危険」と述べています(Ref.5)

ヨゴレは海上で船や飛行機の残骸につかまり助けを待つ生存者を攻撃したのではないか、記録されていないサメ事故の犯人ではないかと疑われているサメです。
その中でも特に有名なヨゴレによるサメ事故は、太平洋戦争末期の1945年に起きたインディアナポリス号沈没の「史上最悪のサメによる襲撃」ではないでしょうか。

インディアナポリス号沈没のときに起きたヨゴレによる史上最悪のサメによる襲撃とは

太平洋の基地からアメリカに戻る途中、日本軍の魚雷攻撃により、インディアナポリス号は沈没。
インディアナポリス号のおおよそ900人の乗組員は漂流物につかまりながら海を漂流して助けを待ちましたが、4日後に救助されたのはわずか300名。

船の沈没から2日が過ぎたころ、ヨゴレとヨシキリザメは船の周囲を泳ぎ、その数は数百匹だったとか。
生存者の証言によれば、ヨゴレとヨシキリザメによる攻撃は夕方に発生し、その時間になるとあちこちから悲鳴が聞こえたといいいます(Ref.1)


※インディアナポリス号の事件は映画化(パシフィック・ウォー(字幕版))されています。

わたし
わたし
映画ではなぜかヨゴレがホホジロザメに・・・

ヨゴレによる「史上最悪のサメによる襲撃」1945年に起きたインディアナポリス号沈没のをモチーフにした映画

そのほかのヨゴレによるサメ事故

1942年にイギリスの客船ノバスコシアが南アフリカ沖のインド洋で沈没し1,052名の乗員のうち858名が死亡した事故が起きた際にも同様にヨゴレによる攻撃があったのではないかと考えられています。
ゆえに、太平洋戦争の時代においては記録にないヨゴレによる攻撃も発生している可能性があるようです。

イギリスのThe Guardianによると、2010年11月下旬から12月にかけて、シナイ半島の砂漠と紅海との間にあるエジプトのリゾート地のリゾート地シャルム・エル・シェイクでサメ事故が起き、5人の観光客がサメの攻撃により死傷。
このサメ事故の犯人が全長2.25mのヨゴレです。
エジプトのこの地域におけるサメ死亡事故は5年ぶり。
1月に発生していましたが、シャルムエルシェイクから遠く離れたマルサアラムのすぐ南であり、その水の美しさとその安全性で知られるリゾートで起きたサメの攻撃はほとんど前例のないものでした。
シャルム・エル・シェイクは静かな砂浜、澄んだ水、珊瑚礁で知られています。

ヨゴレに噛みつかれるサメ事故の動画

※小型のヨゴレによる噛みつき事故なので、サメのパニック映画のような動画ではありませんが、実際にヨゴレに噛みつかれるシーンがあるので閲覧注意です。

この動画を見て思い出したのが、奄美大島沖漁船転覆事故でイタチザメと戦い九死に一生を得て生還した漁師が語った「人喰いザメとの死闘」です。

下半身が裸だったから、サメが寄ってきて、僕とAさんだけが集中的に狙われたんだと思います。B君とCさんはズボンを脱がなかったから、露出していた足先しか嚙まれていないんです。
サメは食べられる所か食べられない所なのか分かるんでしょうね。衣類を嚙まれた人は誰もいない。

結局肌の露出が多かったから狙われたということでしょう。
引用:奄美大島沖漁船転覆事故生還した漁師が語った「人喰いザメとの死闘」

ヨゴレの噛みつき動画でも、衣服ではなく肌の露出が多い部分を狙っています。

ヨゴレの人食いザメとしての危険性について考察

人食いザメとしてのヨゴレの危険性について考察してみました。

  • ヨゴレは外洋にいる
  • 海難事故も外洋で起きる
  • 海に多くの人々が投げ出される
  • 大型のヨゴレが捕食する獲物と人間の大きさが近い
  • ヨゴレは外洋という餌が乏しい環境に生息している

一般的に人食いザメとして恐れられているのは、ホホジロザメイタチザメオオメジロザメです。
これらのサメは沿岸性なので、外洋性のヨゴレよりは人間と遭遇する機会が多いサメといえます。
ヨゴレは海難事故で海に投げ出された人くらいしか遭遇する機会はありません。
危険度だけでいうと、ホホジロザメ、イタチザメ、オオメジロザメと同じくらいかもしれませんが、普通に海のレジャーを楽しむ人とヨゴレが出会う機会はないでしょう。

また、ヨゴレは近年乱獲や餌となるカツオの減少により個体数が激減、小型化が進んでいるといいます。
ただ小型化しているといっても、あの鋭い歯は怖いですよね。
もしも、ヨゴレに遭遇したら、ものめずらしさでふざけたりはしないほうが安全そうです。

シャークアクティビストReinoのサメチャンネル

ヨゴレの動画

水族館で飼育されているのを見たこともなく、鮫図鑑で見るばかりのヨゴレ。
動画で見ると、その美しさに心を奪われます。
大きな胸ビレがかわいいです。

ヨゴレを水族館で見たい

ヨゴレは飼育が難しいサメの一種です。
また、攻撃的な性格のため、水槽は単独か一緒に入れる相手を厳選する必要があります(Ref.1)
過去に「ヨゴレ」を展示したことのある水族館は、国内では沖縄県の「国営沖縄記念公園水族館(現在の美ら海水族館)」のみです。
2023年1月現在、「ヨゴレ」を展示している水族館はありません。

水族館飼育期間メモ
モントレーベイ水族館2000年10月〜2003年12月22日バハカリフォルニア沖で捕獲。2003年12月22日、細菌感染で死亡するまで3年以上生き、その間に159cmから190cmまで30cmほど成長
モントレーベイ水族館飼育期間不明約50cm成長
ワイキキ水族館1992年9月21日〜1994年1月10日オスの子ザメを直径6mの水槽で飼育。翌日イカを食べた。死亡時の体重は4.5kg。
コーラル・ワールド・バハマ1989年5月〜1990年10月にリリース1時間半かけて輸送されたオスの個体。輸送中はほとんど動かず、良好な状態で到着。水槽に入れると、すぐに泳ぎ始めた。ペレスメジロザメが数匹と大型ナースシャークが数匹を飼育中のドーナツ型展示水槽(~200'000ガロン)で飼育。2、3日でイカや新鮮な魚を食べるようになった。数ヶ月後、大きなイカ以外のものを食べなくなった。飼育1年後、大きな胸ビレで水槽の壁をこするようになり、それが化膿して治らなくなり、この状態はさらに悪化したため海に返した。
ジャカルタ水族館飼育期間不明スリランカ付近で捕獲された1.0m程度の2匹を2日間かけてジャカルタまで輸送。2匹とも全長約1.5mになるまで飼育されたが原因不明の死亡。
国営沖縄記念公園水族館(美ら海水族館)1979年8月に開館した旧館にて展示。飼育期間は不明。1978年から飼育されていたオオメジロザメに頭を噛まれて死亡。展示中の出来事だった。

参考サイト:

Oceanic Whitetip Shark Carcharhinus longimanus (Poey, 1861) in Captivity

シャークアクティビストReinoのサメチャンネル

おわりに

いつか会ってみたいヨゴレ。
もちろん海以外の場所がいいです 笑

にゃぶり
にゃぶり
ケージダイビングという手もあるよ!
サメケージダイビングとは?檻の向こうに巨大ホホジロザメという究極のサメ体験
サメケージダイビングとは?檻の向こうに巨大ホホジロザメという究極のサメ体験

サメ好き女子の私ですが、きっとこの先も挑戦することはないであろうホホジロザメのケージダイビング。 ホホジロザメケージダイビングに挑戦しないくせに情報を集めるのは好きですし、せっかく集まった知識なのでブ ...

参考文献一覧

(1)アントネッラ フェッラーリ、谷内透監修『サメガイドブック―世界のサメ・エイ図鑑』TBSブリタニカ、2001年(初版第2刷)。
(2)国立研究法人海洋研究開発機構 海洋工学センター運航管理部 海域調整グループ『漁業の時期と海域について』、2021年3月3日に閲覧。
(4)Discover Fishes『Carcharhinus longimanus』、2021年3月3日に閲覧。
(5)Smithsonian Ocean『The Most Dangerous of All Sharks』、2021年3月3日に閲覧。
(6)ジョン・A・ミュージック『サメとその生態 (insidersビジュアル博物館) 』昭文社、2008年(初版)。
(7)ジョナサン・バルコム (著), 桃井緑美子 (翻訳)『魚たちの愛すべき知的生活―何を感じ、何を考え、どう行動するか』白揚社、2018年(第1版第1刷)。
(8)スティーブ・パーカー (著)、仲谷一宏 (監修)、 櫻井英里子 (翻訳)『世界サメ図鑑』ネコパブリッシング、2020年(第5刷)。
(9)仲谷一宏『サメ-海の王者たち-改訂版』ブックマン社、2016年(初版第1刷)。
(10)田中彰(監修)『美しき捕食者 サメ図鑑』実業之日本社、2021年(初版第3刷)。
(11)谷内透『サメの自然史』東京大学出版会、1997年(初版)。
(12) David A. Ebert (著), Marc Dando (著), Sarah Fowler (著), Rima Jabado (はしがき, 寄稿) “Sharks of the World” Princeton University Press,2021年
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
サメブロガーReinoのプロフィール写真

シャーク・アクティビストReino

シャーク・アクティビストのReinoです。 サメ専門ブロガー&YouTuberとしてサメの生態や保全についてお伝えしています。 佐賀県唐津市生まれ、東京育ち。 慶應義塾大学文学部卒業。 保有資格は環境社会検定試験(eco検定)、日本さかな検定(ととけん)3級🐟 関心があるのは、哲学、サメの保全、環境倫理学、水産学、SDGs14。 好きなものは、7 MEN 侍、SixTONES、永瀬廉(King & Prince)。ブログの執筆と監修を行っています。

-生態や特徴をわかりやすく解説
-