SBC根こそぎレーザー脱毛3400円

お花の基礎知識

切り花の初心者向け!花瓶のお花を長持ちさせる方法とは

2021年6月4日

このブログでは、最近人気にお花のサブスクお花の定期便で切り花を始めたばかりの初心者向けに花を飾る暮らしを始めるために知っておきたいことをまとめました。
切り花を長持ちさせるためのお手入れ、簡単で手軽な水切りの方法、少し混乱してしまう切り戻しと水切りの違い、お花のサブスク(定期便)の切り花を長持ちさせるために揃えたい道具などを紹介します。

わたし
初心者ならではの目線で紹介します


NEW!!初回お届け無料クーポンがもらえるお得なキャンペーンページはこちら。

切り花を長持ちさせるためにエチレンガスに注意

切り花を始めてから何度か思ったのですが、花が枯れるときっていっせいに枯れちゃうんですよね。
どうしてそうなるんだろうと不思議に思っていたのですが、どうやら傷んだ切り花が発生させるエチレンガスが原因だったんです。

エチレンガスとは、果実を熟させるための「老化ホルモン」のことです。
切り花の近くにフルーツを置いてはダメという話を聞いたことはありませんか?
それは、熟したフルーツがエチレンガスを発生させるからです。

実は、切り花の傷んだ葉や花びらなどは、バクテリアの繁殖の原因になるだけではなく、多量のエチレンガスを放出しています。
花自身が自分で出しているエチレンガスでダメージを受けてしまうことも!
切り花の傷んだ部分を見つけたら早めに除去して、エチレンガスを広げないようにすることが切り花を長持ちさせるためには必要です。

お花も生き物だし、少しくらい傷んだくらいで葉っぱを切ったり、花びらを取り除くのはかわいそう、と思っていましたが、エチレンガスで他の元気な花たちの寿命が縮んでしまう方がかわいそうです。
切り花の傷んだ葉や花びらなどは、思い切って取り除いてしまいましょう。
傷んだ葉っぱをすぐにカットしたり、茶色くなった花びらを取り除いてあげることで切り花のもちがよくなります。

切り花を長持ちさせるために水に浸かる葉を取る

エチレンガスを広げないようにするために切り花の傷んだ葉を取ることをおすすめしましたが、傷みがなくても取り除く必要がある葉っぱがあります。
それが水につかってしまう位置についている葉っぱです。
切り花の葉っぱが水に浸かると、水が濁ってしまい、バクテリアの繁殖につながり、導管が詰まることでお花の寿命も縮んでしまいます。
水面より下の葉っぱは傷みがなくても取りましょう。
余分な葉っぱを取ることで、葉っぱからの水分の蒸散を抑えるという効果もあります。

切り花を長持ちさせる上でこの葉っぱの処理がポイントです。

切り花を長持ちさせるために花瓶の水を毎日変える

切り花を長持ちさせるには花瓶(フラワーベース)の水を清潔に保つことが大切です。
変えないまま放置すると、バクテリアや細菌が増殖し、切り花の寿命を縮めてしまいます。
もしも花瓶(フラワーベース)の内側にぬめりがあるときは中性洗剤(台所洗剤)でしっかりと洗いましょう。
条件によって異なりますが、水道水のみの場合は、2日程度でバクテリアが増殖するといわれています。

切り花を長持ちさせるためにフラワーフード(お花の栄養剤・鮮度保持剤)を使う

フラワーフード(お花の栄養剤・鮮度保持剤)の効果は2つ。

  1. 切り花への栄養補給
  2. 花瓶の中の水を綺麗に保つことで吸水を助ける

切り花は自分で栄養を作り出すことができませんが、フラワーフード(お花の栄養剤・鮮度保持剤)を使うことで糖を補給してあげることができます。
糖を補給してあげることで切り花の持ちが良くなるのでおすすめです。

また、フラワーベース(花瓶)のバクテリアの増殖も防ぎ、水を清潔に保ちます。

フラワーフード(お花の栄養剤・鮮度保持剤)を使うことで毎日の水換えも不要になるのでいいことづくめです!!

ただし、水が濁っていたり、一週間経過した場合は新しい水に変えてあげましょう。
水が少なくなっているときには足してあげる必要があります。

※フラワーフード(お花の栄養剤・鮮度保持剤)は切り花用です。
鉢物や観葉植物には使用しないように気をつけましょう。

切り花を長持ちさせるために切り戻しをする

切り戻しとは

花を長持ちさせる上で大切なのが茎の先端を清潔に保てるように切り戻しをすることです。
切り戻しとは、茎を斜めに切り、水を吸い上げる面が多くなるようにしてあげることです。

切り戻しが必要な理由

切り花は根から水を吸い上げることができないため、茎の先を吸水しやすい状態に保つ必要があります。
毎日水を換えても、茎の先が痛んできたり、細菌が入ってしまったりすることを防ぐことはできません。
そうなってしまうと、切り花の吸い上げの力に影響してしまう場合があります。
そのため、定期的な切り戻しにより茎を新鮮に保つことが必要です。

切り戻しの目安

切り戻しの目安は茎の先端が変色してきたときや柔らかくなってきたときです。
だいたい茎の先を2cmほどカットするイメージですが、切ったあとも変色しているようであれば、もう少し切るようにしましょう。

切り戻しのポイント

この切り戻しをするときに、水の中で茎を切る水切りをするがポイントです。

切り花を長持ちさせるために水切りをする

水切りとは

花を長持ちさせる上で大切なのが水切りをすることです。
水切りとは、書いて字のごとく茎の先を水に浸した状態で茎を切ることです。

水切りのやり方

一般的に、水切りはバケツに水をためて茎の先端を切ることを推奨されています。
バケツなどの深い容器の中で切る方が水圧がかかるのでお花のためにはいいのですが、毎日バケツを準備して水切りをするというのは、お花のサブスクやお花の定期便で切り花を始めたばかりの初心者には少し面倒ですよね。
また、お花のサブスクやお花の定期便で切り花を選ぶ人というのは気軽にお花を楽しみたい方が多いのではないかと思います(私自身もそうです)。

簡単な水切りの方法

切り花を始めたばかりの頃は、水道の水を出しっぱなしにながら切ってみたりと、どうにか簡単に水切りをする方法はないのかと考えていました。

ところが、この流水にさらしながら切るというのは実はNGです。
その理由は、水切りは水の中でカットすることで茎に空気が入り込むのを防ぐという目的があるからです。

今は、料理で使うボウルに水をためて水切りをしています。
これが一番手軽で簡単な水切りの方法です。

切った瞬間に茎は水を吸い上げるので、茎の先はそのまま数秒ほど水の中に浸しておくようにしましょう。

継続できるお花のケアを

深いバケツで水切りした方がいいというのは理解できるのですが、それよりも無理をしない、継続できるお花のケアをすることがお花の定期便で切り花を始めたばかりの初心者には大切なことではないでしょうか。

「バケツ・・・面倒」と思っている方はぜひ料理で使うボウルでの水切りをお試しください。
バケツでの水切りをしたことがないので効果の比較はできませんが、ボウルでの水切りをするようになってからお花が長持ちしやすくなりました。

わたし
そもそもバケツを持っていないのです

切り戻しと水切りの違い

切り戻しと水切りは少しややこしいのでまとめます。

  • 切り戻し:茎の先端を切り清潔に保つこと
  • 水切り:水の中で茎を切ること

つまり、茎の先端を清潔に保つために茎を切るとき(切り戻し)は、水の中に茎をつけて切りましょう(水切り)ということです。

わたし
やっぱり、ややこしい 笑
にゃぶり
切り戻しと水切りはセットということ?
わたし
そうそう、ふたつでひとつと考えた方がわかりやすいかもね

この切り戻しのときに大切なのが切れ味のよい花鋏(花バサミ)を使うことです。

切り花の初心者は花鋏(花ばさみ)を買おう

切り花の初心者はまず道具を揃えることをおすすめします。
その中でも他では代用できない花鋏(花ばさみ)は切り花を長持ちさせるための必須アイテムです。
ときどき、お花屋さんで「キッチンバサミでいいですよ」、とアドバイスされることもありますが、実はお家にある一般的なハサミ(キッチンバサミや紙切りばさみ)は切り花にはNGなのです。
切り花の茎の導管をつぶしてしまい、水がうまく吸えなくなってしまい長持ちしなくなってしまう可能性があります。

どこで買う?切り花の初心者におすすめの花鋏(花ハサミ)を教えます
どこで買う?切り花の初心者におすすめの花鋏(花ハサミ)を教えます

お花のサブスクや定期便でお花のある暮らしを始めた方も多いのではないでしょうか。 切り花を長持ちさせたいというのは、切り花を楽しんでいる誰もが思うことですよね。 「切り花 長持ち」などで検索して、切り花 ...

どこで買う?切り花の初心者におすすめの花鋏(花ハサミ)を教えます

余談ですが、花鋏(花ハサミ)の切れ味を復活させるにはアルミホイルを切るといいとのこと。
アルミホイルをたたんで少し厚みを出してから、アルミホイルを切っていくだけというなんともお手軽な方法!
これだけで、はさみの切れ味が復活するそうです。
この花鋏(花ハサミ)の切れ味を復活させる方法はお花屋さんに教えてもらいました。

切り花の初心者はフラワーベース(花瓶)を買おう

私も最初は家にある背の高いグラスなどを使っていましたが、花を飾る暮らしを始めるならフラワーベース(花瓶)を買いましょう。
代用品も悪くはないですが、やっぱりフラワーベース(花瓶)を買うと、花を飾る暮らしの楽しさが増しますよ。

おすすめ花瓶はフローティングベース
フラワーベース(花瓶)はどこで買うの?選び方や売ってる場所

最近、お花のサブスクやお花の定期便のように日常でお花を楽しむことができるサービスが人気です。 私のようにお花のサブスクでお花を楽しんでいる切り花初心者の人も増えていることでしょう。 このブログでは、切 ...

フラワーベース(花瓶)はどこで買うの?選び方や売ってる場所

お花のサブスク(お花の定期便)について

お花のサブスク(お花の定期便)を比較

日々の暮らしの中で、ふっと心が明るくなるひとときをお届けしてくれる花のサブスク(お花の定期便)。
たくさんあるお花のサブスク(お花の定期便)からどれを選べばいいのか迷っている方のためにお花のサブスク(お花の定期便)の料金・送料・配送ペース・最安プランのお花の本数・品質保証の有無・各サービスごとの特徴などを比較してみました。


ポストに届くお花の定期便
bloomee(ブルーミー)


HitoHana
お花の定期便

お花の定期宅配
(サブスク)オハナシ
お花の定期便
medelu(メデル)



かわいいお花の定期便
&flower



お花の定期便
LIFFT



【花の定期便
(タスハナ)】



緑の花がある暮らし。
-緑の花の定期便-

青山フラワーマーケット
hanameku
(ハナメク)
料金550~1,320円/回1,320~4,950円/回330円〜1,980円1,240円~2,178円/回1,265円/回3,300円~5,280円/月528円〜770円/回3,850円/月1,485円〜3,850円/回858円~3,278円/回
送料275~550円無料550円〜770円無料送料込み送料無料330円550円全国一律500円(税込)無料~550円
配送ペース毎週/隔週毎週/隔週/月1回月2回/月1回毎週/隔週毎週/隔週/毎月月1回月1回〜月2回月2回7日〜14日毎週/月2回/月1回
受取方法ポスト投函
自宅受け取り
自宅受け取り自宅受け取り宅配ボックス、手渡し、玄関前(置き配)ポスト投函自宅受け取り自宅受け取り自宅受け取り自宅受け取りポスト投函 自宅受け取り
特徴お手軽なお花の定期便として人気好みの色を8色から選ぶことが可能茎が長いからどんな花瓶でも飾りやすい生産者と市場から直接仕入れたお花好みじゃないお店はブロックできる信頼できる提携農園から旬の花を配送新鮮なのに行き先を失った花を活用定期便のために花市場から仕入れるから新鮮花屋のプロが目利きした旬の花をお届け開けたら花瓶になる花の定期便が便利
最安プランの
お花の本数
お花本数 4本以上4~6本2~3本Liteのコースは約30㎝の長さで5~6本3〜4本(グリーン含む)メインのお花:4本前後、季節の草花:5本前後花・葉物合わせて3本~旬のお花:3〜5本
季節の葉物:3〜5本
季節の枝物:2〜3本
-お花とグリーン、合わせて4本以上
品質保証品質保証あり枯れ保証-不良品の写真をメール品質保証あり--写真撮影をして問い合わせ-品質保証あり
公式サイト

※調査日時点の情報になります。最新情報については各お花の定期便サービス公式サイトでご確認ください。

お花の定期便 ブルーミー(旧ブルーミーライフ)

\期間限定無料クーポン/
初回お届け無料クーポンAUG2022
有効期限:2022/8/15 23:59まで
※ご登録時にクーポン(合言葉)欄にご入力ください。

お花のサブスク(お花の定期便)の口コミ・感想

あわせて読みたい部屋に花のある暮らしのブログ一覧

お花の定期便を比較!おすすめは? 部屋に花のある暮らし

2022/7/18

お花の定期便で評判!HitoHana(ひとはな)のレビューブログ

近ごろ、評判になっているHitoHana(ひとはな)のお花の定期便。 今回のブログで紹介するのはお花の定期便HitoHana(ひとはな)の8月16日週のブルーのお花です。 わたし前回に続き、青いお花のコースにしました SNSで評判!お花の定期便HitoHana(ひとはな)のお花をレビュー お花の定期便HitoHana(ひとはな)のお花のレビューを紹介します。 今回のブログで紹介するのはお花の定期便HitoHana(ひとはな)の2021年8月16日週に届いた青いお花のコースのレビューです。 お花の定期便Hi ...

ブログを読む

写真多数!お花の定期便HitoHana(ひとはな)の口コミブログ【ブルー8月2日週】

お花の定期便を比較!おすすめは? 部屋に花のある暮らし

2022/7/18

HitoHana(ひとはな)のお花の定期便を口コミ!青い花も選べるよ

近ごろ、評判になっているお花のサブスクやお花の定期便。 今回のブログで紹介するのはお花の定期便HitoHana(ひとはな)の2021年8月2日週の青いお花の口コミです。 お花の定期便HitoHana(ひとはな)とは HitoHana(ひとはな)とは10万人以上が登録するお花の定期便(サブスクリプション)です。 お花の定期便HitoHana(ひとはな)ならお店を経由せず、市場直送で元気なお花が届きます。 国内トップクラスのフラワーデリバリーサービスによるお花の定期便なので他にはないメリットがたくさんあります ...

ブログを読む

HitoHana(ひとはな)のお花のサブスクとは

お花の定期便を比較!おすすめは? 部屋に花のある暮らし

2022/7/18

HitoHana(ひとはな)のお花のサブスクとは

HitoHana(ひとはな)のお花のサブスクとは HitoHana(ひとはな)は10万人以上が登録するお花の定期便(サブスクリプション)です。 他のサブスクのように届いてからのお楽しみではなく、街のお花屋さんで自分好みお花を選ぶときのように7色+お任せから好みの色が選べるお花の定期便HitoHana(ひとはな)の特徴です。 色を選べるHitoHana(ひとはな)のお花のサブスク HitoHana(ひとはな)のお花の色は、「ホワイト&グリーン」、「レッド」、「イエロー&オレンジ」、「パープル ...

ブログを読む

デルフィニウムの花言葉・由来・原産地・英語名・切り花の水の量

お花の基礎知識 部屋に花のある暮らし

2022/3/29

青い花デルフィニウム*切り花の水の量・しおれる前のケア・花言葉・英語名・由来

実はお花屋さんには青い花が少ないのをご存知ですか? 6月ごろから見かけるデルフィニウムはお花屋さんで買うことのできる数少ない青い花です。 今回のブログでは、デルフィニウムを紹介します。 デルフィニウムとは 名前 デルフィニウム、大飛燕草(おおひえんそう) 英語 Delphinium 学名 Delphinium elatum 種類 キンポウゲ科デルフィニウム属 デルフィニウムの原産地 ヨーロッパ、アジア、北アメリカ、アフリカ、日本(北海道) デルフィニウムの開花時期 6月〜8月 デルフィニウムの切り花の日持 ...

ブログを読む

写真多数!お花のサブスクBloomee(ブルーミー)のお試し(旧ブルーミー ライフ)

お花の定期便を比較!おすすめは?

2022/7/22

お花の定期便ブルーミーの口コミブログ!実際に届いた今週の花を写真で紹介

近ごろ、評判になっているお花のサブスクやお花の定期便。 私は近所のお花屋さんのサブスクを1ヶ月ほど楽しんでいますが、今回はブルーミーのお花の定期便を試してみました。 何が届くかわからないブルーミーのお花の定期便。 今週のお花の写真も紹介します。 ブルーミーのお花の定期便とは ブルーミーはお花の定期便(サブスクリプション)です。 以前からあるお花の定期便と同じサービスですが、料金が安いのが大きなポイント。 これまでのお花の定期便やおうちに宅配してくれるお花はプレゼント用ばかりで料金も3,000円以上のところ ...

ブログを読む

どこで買う?切り花の初心者におすすめの花鋏(花ハサミ)を教えます

お花の基礎知識

2021/7/23

どこで買う?切り花の初心者におすすめの花鋏(花ハサミ)を教えます

お花のサブスクや定期便でお花のある暮らしを始めた方も多いのではないでしょうか。 切り花を長持ちさせたいというのは、切り花を楽しんでいる誰もが思うことですよね。 「切り花 長持ち」などで検索して、切り花を長持ちさせる方法を学んでいるのに肝心のはさみにはこだわっていない・・・そんな人はいませんか? このブログでは、切り花初心者の方向けに、花鋏(花ハサミ)が必要な理由、普通のはさみではダメな理由、どんな花鋏(花ハサミ)がおすすめ?、花を切るための花鋏(花ハサミ)はどこで買うの?などについて解説します。 花鋏(花 ...

ブログを読む

おすすめ花瓶はフローティングベース

お花の基礎知識

2021/7/23

フラワーベース(花瓶)はどこで買うの?選び方や売ってる場所

最近、お花のサブスクやお花の定期便のように日常でお花を楽しむことができるサービスが人気です。 私のようにお花のサブスクでお花を楽しんでいる切り花初心者の人も増えていることでしょう。 このブログでは、切り花の初心者の、 「フラワーベース(花瓶)はどこで買うの?」 「フラワーベース(花瓶)の選び方や売ってる場所は?」 という疑問にお答えします。 フラワーベース(花瓶)はどこで買うの?売ってる場所は? 青山フラワーマーケットの人気花瓶ランキング1位!ちょっと飾るのにちょうどいい使いやすいサイズ 【DEAN FL ...

ブログを読む

初心者向け!お花のサブスクの切り花を長持ちさせる方法のブログ

お花の基礎知識

2021/7/13

切り花の初心者向け!花瓶のお花を長持ちさせる方法とは

このブログでは、最近人気にお花のサブスクやお花の定期便で切り花を始めたばかりの初心者向けに花を飾る暮らしを始めるために知っておきたいことをまとめました。 切り花を長持ちさせるためのお手入れ、簡単で手軽な水切りの方法、少し混乱してしまう切り戻しと水切りの違い、お花のサブスク(定期便)の切り花を長持ちさせるために揃えたい道具などを紹介します。 わたし初心者ならではの目線で紹介します 切り花を長持ちさせるためにエチレンガスに注意 切り花を始めてから何度か思ったのですが、花が枯れるときっていっせいに枯れちゃうんで ...

ブログを読む

紫陽花(あじさい)の切り花が復活!ぐったりしおれてもアジサイを諦めないで

お花の基礎知識

2021/7/30

紫陽花(あじさい)の切り花が復活!ぐったりしおれてもアジサイを諦めないで

このブログでは、切り花の初心者がぐったりしおれた紫陽花(あじさい)の切り花を復活させるまでのエピソードを紹介します。 6月といえば紫陽花(あじさい) 6月といえば紫陽花(あじさい)。 紫陽花(あじさい)といえば、鎌倉の紫陽花(あじさい)寺で有名な「明月院」や「長谷寺」などのアジサイの名所や道や公園に咲いている花を眺めるというイメージがあるかもしれませんが、実はお花屋さんでもお手頃価格で紫陽花(あじさい)の切り花を購入することができるんです。 かえるくんお部屋でアジサイを見ることができるの? わたしお花屋さ ...

ブログを読む

部屋に花を飾る心理効果とは?癒しだけではない花のある暮らしのメリット

お花の基礎知識

2022/2/6

部屋に花を飾る心理効果とは?癒しだけではない花のある暮らしのメリット

私のようなフリーランスのブロガーだけではなく、会社員の方も在宅ワークも増えています。 実は部屋に花が一輪あるだけでおどろくほどの心理効果があるんです。 コロナ禍で不透明な日々が続きますが、あなたも花のある暮らしを始めてみませんか。 このブログでは、部屋に花を飾る心理効果などについて解説します。 部屋に切り花を飾ることにした理由 日々の暮らしの中で花屋さんに立ち寄る機会は意外と少ないものです。 花屋さんというと、特別な日に贈り物をするために立ち寄るというイメージなんですよね。 このように花屋さんに対しては、 ...

ブログを読む

部屋に花を飾る暮らし初心者の切り花の買い方・サブスク・道具まとめ

お花の基礎知識

2021/7/13

部屋に花を飾る暮らし初心者の切り花の買い方・サブスク・道具まとめ

このブログでは、部屋に花を飾る暮らしを始めたい初心者向けに切り花の始め方・買い方などを紹介します。 切り花の始め方 切り花の始める前に道具を揃えましょう。 フラワーベース(花瓶)を買う はじめはフラワーベース(花瓶)をグラスなどで代用してみるのもいいですが、自分好みのフラワーベース(花瓶)に花をいける方がテンションが上がるのでおすすめです! フラワーベース(花瓶)はどこで買うの?選び方や売ってる場所 花鋏(花ハサミ)を買う できれば、早めに買うことをおすすめしたいのが花鋏(花ハサミ)。 切り花を長持ちさせ ...

ブログを読む

サービス比較!花のサブスク(お花の定期便)で500円から花のある暮らしを始めよう

お花の定期便を比較!おすすめは? 部屋に花のある暮らし

2022/7/21

500円台から選べるお花のサブスクを比較!おすすめサービスはどれ?

お花をプレゼントされたときは嬉しい気持ちになりませんか。 プレゼントされたお花を部屋に飾ることで気持ちが明るくなるという経験は多くの人がすでに経験のあることなのではないでしょうか。 気持ちをぱっと軽くしてくれるお花が毎日そばにあったなら、飾られている間、毎日が少しハッピーになると思いませんか。 お花のサブスクを始めれば、定期的に綺麗なお花がお家に届くようになります。 私もハマっているお花のサブスク。 今回のブログでは、たくさんあるお花のサブスク(お花の定期便)からどれを選べばいいのか迷っている方のためにお ...

ブログを読む

おすすめ!花のサブスク(お花の定期便)でおしゃれ&癒される部屋に

お花の定期便を比較!おすすめは?

2022/1/9

写真あり!花のサブスク(お花の定期便)はおしゃれ&癒される部屋におすすめ

あなたもおしゃれなお花のサブスクでお花のある暮らしを始めてみませんか。 ふとしたときに花が視界に入ってくる花のある暮らしというのは始めてみるといいものです。 日本ではお花見という文化があるように、花を見ながら日常の時間を過ごすということは幸せな気持ちを運んでくれるもの。 U-NEXTなどの動画配信サービスなど、世の中にはさまざまなサブスクがありますが、その中でもお花のサブスクというのは、時間を奪われることなく生活を豊かにしてくれるサブスクなんです。 このブログでは、花のサブスクやお花の定期便の種類、お花の ...

ブログを読む

HitoHana(ひとはな)とbloomee(ブルーミー)はどちらがおすすめ?

お花の定期便を比較!おすすめは? 部屋に花のある暮らし

2022/7/21

HitoHana(ひとはな)とbloomee(ブルーミー)はどちらがおすすめ?

お花の定期便で人気のHitoHana(ひとはな)とbloomee(ブルーミー)。 どちらも同じようなお花の定期便だし何が違うの?と気になっているのではないでしょうか。 今回のブログでは、実際にHitoHana(ひとはな)とbloomee(ブルーミー)のお花の定期便を利用していたわたしがどちらがおすすめなのかを紹介します! HitoHana(ひとはな)とbloomee(ブルーミー)を比較 HitoHana(ひとはな)とbloomee(ブルーミー)の比較を一覧表にしてみました。 お花の定期便 サービス名 Hi ...

ブログを読む

送料無料やキャンペーンあり!おすすめのお花のサブスク定期便

お花のサブスク「お花の定期便bloomee(ブルーミー)」

お花の定期便bloomee(ブルーミー)

NEW!!初回お届け無料クーポンがもらえるお得なキャンペーンページはこちら。

お花の定期便bloomee(ブルーミー)はポストに届くお花の定期便。
全国200店舗以上のプロのお花屋さんが週替わりで季節のお花を選んでお届け!
そのまま飾るだけで簡単にお楽しみいただけます。
累計会員数は10万人、Instagramのフォロワーは13万人を超えている今話題のサービスです。
よくある質問はこちら。

お花のサブスク「HitoHanaのお花の定期便」

お花の定期便「HitoHana(ひとはな)」

HitoHanaならではの3つのおすすめポイント

1.ポスト投函型のお花よりも数倍のボリューム
町のお花屋さんと同じか、それ以上のボリュームのお花を実現。

2.自由に選べる好みのお花をお届け
お任せを含めた計8色からお好きな色味をお選びいただけます。

3.フローリストによるお洒落なデザイン
届いたら部屋がパッとおしゃれになるお花のレシピ。

&flower(アンドフラワー)のサブスク!お花の定期便で花のある暮らし

&flower(アンドフラワー)のサブスク!お花の定期便で花のある暮らし

1.プロが市場で厳選、丁寧に水揚げしたお花をお届け
市場から出荷されるお花は新鮮ですがそのほとんどが水揚げ処理がされていません。
どんなに鮮度が良い花でもしっかりとした水揚げを行わないと、
花の寿命は短くなってしまいます。

&flowerは仕入れてから丁寧に水揚げをしたお花をお届けしているため、
より長くお花を楽しんでいただけます。

2.生活に合わせてお花をお届け
毎週、隔週、月1回、好きな配送間隔を選んでお花をお届け、
配送曜日も3パターンから選べます。
選んだ配送曜日や間隔はマイページで手軽に変更できます。

3.ポスト投函で受け取り不要、不在でも安心
受け取り時間を気にする必要がありません。

4.長く続けられる機能
次回のお届けをスキップする機能の他、
しばらくお花のお届けをおやすみする機能もあり、
好きなタイミングでお花のお届けを再開・停止できます。

5.安心の品質保証
延命剤付きでお花が長持ち、万が一お花が痛んで届いてしまった場合でも
すぐに新しいお花をお届けします。

青山フラワーマーケットのサブスク!センス抜群のお花の定期便

青山フラワーマーケットのお花の定期便

センスあるお花といえば青山フラワーマーケット
旬のお花定期便は1回につき、1,485円 (税込)〜5,500円 (税込)。
お花の定期便だけではなく、産地直送の季節の草花のお届けコースもあります。

おすすめ!青山フラワーマーケットのフラワーベース・花瓶の人気ランキング

このブログが気に入ったら、サポートをしてみませんか?

\匿名でもOK!クレカ・Apple Pay・Google Payに対応/
OFUSEでブログを支援する

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

麗乃(Reino)

フリーランスのブロガーのReinoです。 慶應義塾大学文学部卒業。 学位は美学(Bachelor of Art in Philosophy)。 関心があるのは、哲学・サメ保護・環境倫理学・SDGs14・美容・サガン鳥栖。 mieux代表。 メディア事業(リカレント教育など多数)、SEOコンサル。 佐賀県唐津市生まれ、東京育ち。 大好きな東京タワーのある港区のとある町で夫とカエルとサメたち暮らしています🐸🦈🗼 詳しいプロフィールはこちら

-お花の基礎知識