哲学・思想ブログ

哲学的日々の問い「夜を見失い過ぎて夢うつつ。人々は永遠の日食の空の下、隙間から覗く太陽の姿を追いかけている。」

2017年3月21日

人生は、後ろ向きにしか理解できないが、前を向いてしか生きられない。

Life can only be understood backwards; but it must be lived forwards.

セーレン・オービエ・キェルケゴール
デンマークの哲学者、思想家。
実存主義の創始者。1813年5月5日生まれ、1855年11月11日没。デンマーク、コペンハーゲン。

キルケゴールの真理「あれか、これか」を主体的に選びとる。
ヘーゲルの普遍的真理よりも、自分にとっての真理。
キルケゴールよりヘーゲルの方が人気だったのは意外だけど。

確かに、会話で好まれるのは客観的真理であり、主体的真理を語ると、自分にとってのというものの感じ方が我が強い人に見られがちかも。
それが日本人の性質なのか、人間の本質なのかわからないけど。

一般的な考えではなく、主体的に生き、客観的な世界ではなく、自分にとっての世界の真理を探究する。

世界の中心は常に自分の周りにあり、それが真実だ。
そう思って日々を生きてるけど、よく考えたらそれこそが実存主義なのかも。ふと、思った。

世界の中心をここに定めたら、それは自分にとって絶対の地図だ。
そこから眺める景色について、想いを巡らせることがあっても、絶対的な中心は動かない。
他人を受け入れる、理解することにおいても、この人はこう考えるのか、こういう人もいるのか、世界の中心ではそう見える。

どうやら、今まで掲げてきた世界の中心論は実存主義の一部でしかないのかもしれない。

人間とは紀元前にして完成されているのだ。
26世紀も前にタレスが皆既日食を予知したあの時に。
人々は永遠の日食の空の下、隙間から覗く太陽の姿を追いかけている。
月が覆い隠し影を落としたその場所にあったのは眩しい太陽の光であった。
その輝きを完全に消すことなどできないし、人々は太陽を知っている。

自分の世界への確信。
遠い遠い昔の誰かと気持ちを重ねられた瞬間。
永遠を漂う意識に同化できた時、流れ、ゆっくり溶け合いながら。
永遠を生きるんだろう。

思考を遊び、夢うつつ。
本当の夜なのに日食のように。
夜を見失い過ぎてるみたい。
今夜こそ、ゆっくり眠ろう。

ねむ。
哲学的日々の問い「夜を見失い過ぎて夢うつつ。人々は永遠の日食の空の下、隙間から覗く太陽の姿を追いかけている。」
またね。

麗乃(Reino)

読書もいいけど、100分で名著もおすすめ

知ってる本は新しい視点で向き合うことができて、難しい本なら敷居を下げてくれる「100分で名著」。
「こんな入門編みたいな番組なんて見ないよ!」という方にも「100分で名著」はおすすめ。
わたしの知っている大学教授も「100分で名著」のゲスト解説者の話には収穫があったとおっしゃっていました。

一度は読みたい難解な名著が25分×4回でわかる!見逃し配信「100分で名著」

アマゾンプライムを学割で

学生ならおトク!社会人学生もOK
わたしは社会人学生ですが、学割適用でした。

\6か月体験を今すぐ始めよう/

☆★☆Prime Studentは学生限定のプログラムです☆★☆

このブログが気に入ったら、サポートをしてみませんか?

\匿名でもOK!クレカ・Apple Pay・Google Payに対応/
OFUSEでブログを支援する

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

麗乃(Reino)

社会人学生として慶應義塾大学文学部を卒業。 学位は美学(Bachelor of Art in Philosophy)。 現役の時は青山学院で英文学を、慶應では哲学を学びました。 佐賀県唐津市生まれ、東京育ちのフリーランスのブロガー・美容研究家・サメ愛好家・Webマーケター・SEOコンサル。 大好きな東京タワーのある港区のとある町で夫とカエルとサメたち暮らしています🐸🦈🗼 UK Rockをこよなく愛するバンドThe Charlene.(シャーレイン)のボーカルMiuとしての顔もあります😎 詳しいプロフィールはこちら

-哲学・思想ブログ

© 2021 MUSEA BLOG by Reino
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
No reproduction or republication without written permission.