SBC根こそぎレーザー脱毛3400円

サメブログ サメについて

え!?チョウザメはサメじゃないの?その違いや名前の由来について解説

2021年8月5日

とある日の京急油壺マリンパークのチョウザメ水槽の前にて。

男性:このサメは人を襲わないサメなんだよ。
女性:そうなんだ〜。

わたし
え!!!
にゃぶり
チョウザメはにゃぶの仲間だっけ?

実はチョウザメをサメの仲間だと誤解している人は意外と多いんですよね。
今回のブログではサメの仲間だと勘違いされがちなチョウザメについて紹介します。

チョウザメとは

まず、はじめに結論からいうと、チョウザメはサメの仲間ではありません
チョウザメは硬骨魚類、サメは軟骨魚類です。

チョウザメ目とは

チョウザメとは、チョウザメ目の魚の総称、または学名“Acipenser medirostris Ayres”の標準和名を指します。
一口にチョウザメといってもさまざまな種類のチョウザメがいます。

にゃぶり
いろいろな種類のサメがいるのと同じだね!

チョウザメ目の基本情報

油壺マリンパークのシロチョウザメ

写真は油壺マリンパークのシロチョウザメ

次に、チョウザメ目の基本情報を紹介します。

標準和名
チョウザメ目
学名
Acipenseriformes
種類
27種
保全状況
2種は野生絶滅、ほとんどの種が絶滅寸前の危機的状況
危険度
分布
北米とユーラシア大陸の亜熱帯から亜寒帯の海域。北アメリカ、ロシアの沿岸や河川・湖沼。赤道以南に自然発生する種は知られていない。
日本国内での生息域
環境省のレッドリストで絶滅。かつては、北海道や東北の沿岸、石狩川、天塩(てしお)川、釧路川、十勝川などの河川で見られた。
生息域
部分的に溯河性で、淡水で産卵し、河口の栄養分の多い汽水域で餌を食べるか、海岸線に沿って大きな移動。
大きさ
平均的な体長は1〜4m
最大全長
5.5m
体重
〜200kg
平均寿命
平均寿命は50〜60歳
最大寿命
記録上最古のミズウミチョウザメは152歳
生息年代
白亜紀
発見された年
1831年
水族館で会える可能性
ペットとして飼育できる可能性

チョウザメ科の特徴はひげ

京急油壺マリンパークの見どころ・サメの種類を水族館好きの私が解説

チョウザメ科の特徴は4本のヒゲが生えていることです。

京急油壺マリンパークの見どころ・サメの種類を水族館好きの私が解説

油壺マリンパークでは49年間飼育されていたことからわかるようにチョウザメは長寿な魚です。
※余談ですが、油壺マリンパーク閉館後、チョウザメたちは日本で一番標高の高いところにある箱根園水族館(海抜723m)へお引越ししました。

チョウザメの名前の由来

気になるのがチョウザメの名前の由来です。
チョウザメはウロコの形が蝶々に似ており、体の形状がサメに似ていることから「チョウザメ」になりました。

チョウザメも絶滅の危機

高級食材キャビアでよく知られているチョウザメですが、そのキャビアのためにICUNでは準絶滅危惧種に、環境省のレッドリストでは絶滅と評価されています。
そうなってしまった原因は、チョウザメを捕まえたらすぐに殺してキャビアをとっていたためです(Ref.1 p.207)
今はチョウザメの保全のため、チョウザメに麻酔をかけ、お腹を切開し、キャビアを取り出したのちに放流しているそうですが、倫理的に考えて正しいことなのでしょうか。
高級食材として人間が「消費」しているフカヒレやキャビアのためにサメやチョウザメたちが犠牲となっているのです。
サメのフカヒレのように殺すわけではありませんが、あまり好ましい方法には思えません。

人間の食文化によって絶滅の危機にあるという意味では、サメとチョウザメは同じような位置にいるのかもしれません。

参考文献
(1)田中彰『深海ザメを追え』宝島社、2014年(第1刷)。
サメは卵から産まれるんじゃないの?チョウザメのキャビアはサメの卵?
サメは卵から産まれるんじゃないの?チョウザメのキャビアはサメの卵?

サメの卵について、さまざまな疑問を持っている人が多いようです。 教えて猫サメは大きな卵から産まれるんじゃないの? 教えて猫キャビアはサメの卵ですよね? 教えて猫キャビアはチョウザメの卵ですよね?サメっ ...

続きを見る

このブログが気に入ったら、サポートをしてみませんか?

\ブログのサポートをお願いします!/

サメTシャツ、サメグッズのショップ「ミューゼア」には、ブログの応援アイテムだけではなく通常のサメTシャツ、サメグッズも多数あります🦈

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

麗乃(Reino)

社会人学生として慶應義塾大学文学部を卒業。 学位は美学(Bachelor of Art in Philosophy)。 現役の時は青山学院で英文学を、慶應では哲学を学びました。 佐賀県唐津市生まれ、東京育ちのフリーランスのブロガー・美容研究家・サメ愛好家・Webマーケター・SEOコンサル。 大好きな東京タワーのある港区のとある町で夫とカエルとサメたち暮らしています🐸🦈🗼 UK Rockをこよなく愛するバンドThe Charlene.(シャーレイン)のボーカルMiuとしての顔もあります😎 詳しいプロフィールはこちら

-サメブログ, サメについて

© 2021 MUSEA BLOG by Reino
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
No reproduction or republication without written permission.